n-lineplay > 日記 > 贈答〜ダークサイドへようこそ〜

贈答〜ダークサイドへようこそ〜

留学生の先輩夫婦に赤ちゃんが誕生したとの事で、お祝いを贈る事に。

赤ちゃん誕生祝いの贈答品を考えた事すらなかった無礼者の私には、どうしたものかと頭を悩ます事になってしまったのですが、店に行けば何か思いつくだろうと軽いノリでお出かけ。

赤ちゃん=ベイベー(舘ひろし)な思考ですから、容易にベビーグッズショップが連想されるわけで、まず立ち寄ったのは大型ベビーグッズショップ、しかしこれが大きなカルチャーショック。

平日の午前中という一歩間違えばニートフル(*ニート的なって意味)な時間帯に入店すると、当然の如く生まれたての子供を連れたヤングなママや、初めてのヘアーカラーリングは2歳でしたみたいな子供を連れたキャピキャピしたギャルママ達で客層は構成されているわけです。バッファリンの成分の半分は優しさでできてますみたいな、違うけど。

そんな中、ニートフル(*ニート的なって意味)な1匹狼風のイチゲンサンが入店すると少々キマヅイ雰囲気を感じてしまうのは至極当然の事なのですが、ここで店を出てはオトコ・ソウルが廃ってしまう。磯野家の波平さんなら堂々としているに違いない、負けられません。心に刻み付けた大和の魂を虐げるわけにはいきません。

しかしね、私が店員なら、あらあら今入店してきたお兄ちゃん、何者なの?無職で奥さんに逃げられたの?カワイソウな子ね、って絶対に思う。あわよくば本人い聞いてしまいそう。200円のオツリですが、逃げられちゃった感じですか?と、どさくさに紛れて。

具体的にどんなモノを買うのかは現場で決めればいーじゃない!出会いは現場で起きてるのだから!な考えでの入店だから、店内を巡回してインスピレーションを得るのが第一のミッション。

そんなわけで小さなカワイラシー洋服があるなーとか、なんだこのスケベ椅子はとか、最近の離乳食(昔の離乳食の記憶は無いけど)ってウマソーだななんて、徐々に楽しくなり、盛り上がり1人プレイをしながら店内をグルグルとしてしまうのですが、一向にプレゼントにしたくなるようなグッズに出会えない。

そんななか、ベビー服のコーナーで立ち止まり、ミニチュアなのによくできてるなぁと感心していたのですが、いつの間にか私の周りには、子供で着せ替えて楽しんでるようなママ+子供+一部のパパがたくさん。なんか嫌だ、むしろ、甚だしく自分が場違い。

そんな自己嫌悪に陥り出すと、何かの逆鱗に触れたかのように、さらに自己嫌悪を増徴させるビッグウェーブが襲ってくるのですが、なんだか、回りの視線が冷たくチクチクしてくるようにすら思えてしまう。

やめてよ、そのチクチク、イヤよイヤよイヤよ見つめちゃイヤーでキューティーハニーの気分ですよ。ハートがチュクチュクしちゃって、最終的にはハニーフラッシュ放ってしまいますよと。倖田來未なら3発ぐらい既に放ってても不思議じゃない。

いや、むしろハニーフラッシュ撃たせてくれと、そうしたらママの側にいる小さなお友達とお近づきになれて、このキマヅイ状況を少しでも打破できるから。15年後にまた声かけてくれよ!と光源氏作戦な捨て台詞まで吐けますよ。

思わず生協の白石さんに「ハニーフラッシュを撃ってみたいのですが、どうしたら良いですか?入門書とかありますか?」と一言カードに記入して尋ねてしまいたくもなりますよ。

でも、ここは大和だソウルだ掲げてる場合じゃなくて逃げの一手が最善なんだと、勇気ある撤退なんだとソソクサと店を後にするわけですが、なかなかの精神的ダメージを被ったのか、妙な疲れ(心が)。こんなことでガッツをすり減らしては、大事な場面でシュートを打てないキャプテン・翼です。

結局、何のインスピレーションを受ける事無く店を離れるのですが、よくよく思い出してみたら、赤ちゃんの性別すら聞いてなかったことに気づき、ミニチュアなヒラヒラお洋服なんぞ買わなくて良かった良かったと自分を慰めるのですが、めんどくさくなったので購入したはよいが、1度遊んだら、購入までワザワザしたことに絶対に後悔するだろうなと思う、気になるアイテムを他人にあげてしまおうという名案が。

そんなわけでトイザらスに直行して即購入。ベビーコーナーには目もくれず、近寄りません、そんなアウェー。

「ダースベーダー変身セット(変声機、ライトセイバー付属)」

これでダークサイドへの素晴らしい英才教育が成されるわけで、仮面の下に思いやりと愛とを秘めた、どっかの戦闘員(幹部候補)になれること容易。

あとは、ダースベイダーが万国共通に認知されていて、正しい使用方法で使っていただけることを祈るのみ。

これからは、その子がどんな名前を付けられても、私はアナキンと呼び続けます、それが責任です。

ようこそ、素晴らしきダークサイドへ。
この記事へのコメント
おひさしぶりです。開設から1年も経ちましたか?おめでとー。
何か文章書くのうまくなってない?そんな気がします。
近況を少し。私は相変わらずなのですが、学生時代の友人が2名結婚してしまいます(あなたもきっとご存じのあの2名です)。なんか考えてしまうよね。俺こんなんしててえーんかな?えー今日から2日間、ツーリングに行って来ます。
Posted by 相変わらずカワ車乗り。 at 2005年11月23日 07:41
お久しぶりです。なんかね、1年経っちゃったんですよ、そりゃあミンナ結婚もしていきますよねぇ。ご祝儀が出て行ってばっかりなので、回収せねばw

コチラの友人が、結婚して奥さんと財力が共有できるようになったとかで、即行でスズキのハヤブサを買っていたんで、ちょっとウラヤマシス。

ツーリングはどこへ行ってるのかな?そちらの山間部とかだったら、今が絶景なのかな?いいなぁ〜楽しそう!

>>俺こんなんしててえーんかな?

いいんです!私は結婚しても1ヶ月以内に別居する自信があるくらいですから、自分のペースを崩さないのが一番大切だと思います。
Posted by 38 at 2005年11月23日 09:40
>思わず生協の白石さんに・・・・・
白石さんって、素敵な回答をしてる例の人ですよね?

バイクかぁ〜良いですなぁ〜♪オッサンの若い頃はレプリカ全盛期でしたが、個人的にはスズキの刀が欲しかったけど、そんなバイク知らないでしょ(笑)
Posted by Key at 2005年11月24日 22:16
生協の白石さんですね、いい感じの回答コメントで楽しませてくれますね。ジェラシーですよ。

スズキの刀は4年前くらいになるかな、友人が所有していたので懐かしいバイクですね、ちょっと馴染みがありますよ。

実は自動車を手放したんですが、寒いわ進まないわ鼻水止まらないわでイライラですよ。
盗んだクルマで走り出してしまいそうな革ジャン来て反抗期に突入しそうです。
Posted by 38 at 2005年11月25日 00:17
確かに悩みますしその場違いじゃん俺!?って気持ちは良く解りますえぇ・・・。
デパートで着飾った若者ばかりが居る服飾品のフロア等に間違って行ってしまうと
私は何処?ここは誰?
と、かなり錯乱しちゃいますねうふふ・・・。
でもおもちゃの選択は間違っていなかったかと!
何故なら将来子供が
このおもちゃなに〜?
と親に必ず聞く時があるでしょう。
すると親はおもむろにかの名作スター・ウォーズ6部作を子供にみせるのです。
それ以来その子は映画鑑賞という高尚(?)な趣味を会得し、盛者必衰、常に悪者が負ける訳ではないと知るのです。
そうここに新たなるシスの暗黒卿が・・・(え?オチが微妙に被ってるって?申し訳ございません・・・)
Posted by 後輩兼弟子(?)その1 at 2005年11月25日 00:26
アナキン(義務ですから)に物心が芽生えるまでに、そのおもちゃが存在しているのか謎ですし、帰国の際に税関は通してくれるのかよ?な感じなんで、そこまでは期待してなかったかな、正直。

実は、野望があったんですよ、私には。

ダースベイダーに扮した私と、歩兵のあの白い奴に扮した友人とで、おもむろに居酒屋に入り、席につくと同時にグチるわけですよ、完全アポなしで。
「そんなチュンチュン撃ってこんでもエエやん、しんどいわ、あれ当たったら痛いし熱いし、勘弁してくれ」「おの緑の奴な、ヨーダとか言ってたわ、小さいくせに長い剣振り回しよって、素早いねん、こっちの攻撃が当たらんのや、腹たつわぁ」とか「ハンソロとか言うの?あの隣でいつも変なサルが吠えよるんやけど、怖いでぇ、ウーウー言ってな、チュンチュン撃ってきよる。ありえへん」
「そうは言ってもベイダーさんいいっすよ、チュンチュン撃たれたって、跳ね返すのアリですやん。俺らが跳ね返したらブーイングですよ、観客総立ちですよ」

そんな会話を小一時間して飲んで店を出るというのをやりたかったんだよ。

帝国軍の打ち上げと称して。

ただ・・・勇気が無いよ。
居酒屋に入る前に職質→確保→説教の流れがありそうだけどね、年末だし。
Posted by 38 at 2005年11月25日 01:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。