n-lineplay > ゴーマニズム > 昆虫〜なんで、ホタルすぐ死んでしまうん?〜

昆虫〜なんで、ホタルすぐ死んでしまうん?〜

夏の日差しと終戦の日を過ぎ幾歳月、節子(火垂るの墓)

「なんでホタル、直ぐ死んでしまうん?」

などと問い掛けてきましたので、素晴らしいまでの大人気なさを発揮しながら、しかし、あくまでもオトナの知識でビシッ!とお答えさせて頂き、そして、平成というぬるま湯の社会の中で平和ボケ真っ只中の私が、昆虫の死に際を看取るくらいならば、会社四季報でも読んどけ!と社会の厳しさを何様のつもりなどと言われかねない感じで・・・

++

基本的に自然界のホタルの成虫は、時草の葉にたまった夜露などを飲むだけです。幼虫時代に蓄えた養分だけで生きていますので寿命も短くなっています。

さらなる詳細として、生理的な寿命は、オスが13.9日、メスが15.5日という報告がありますが、羽化したホタルを飼育しますと、オスが15日、メスが22日生きたことがあります。低温で飼育した場合は、1ヶ月以上生きた場合もあります。しかしながら、自然界においては、外敵も多く、特に飛び回ることの多いオスにおいては、3〜4日、メスでは5〜6日くらいであるという観察報告があります。

参照・・・東京都国分寺市 東京ゲンジボタル研究所/古河義仁

++

うん、満足。気持ちよく眠りにつけそう。
この記事へのコメント
会社四季報ですか!!
CD-ROM版買って休日にスクリーニングしまくってます!
Posted by 名無しさん at 2005年10月04日 21:54
いやいやいや、毎日でしょ。

どこぞのファンドのボスは中高生時代から通学時にスクリーニングしまくってたとか・・・
Posted by 38 at 2005年10月04日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ホタル・・・そして蛍
Excerpt: 自然がない、汚い、そんな印象が先行する東京だけれど、あきらめる前にできることがあるはず。 出会いから32年、ホタルを研究しつづける作者によるサイト「東京にそだつホタル」には、東京の里山に生きるホタル..
Weblog: 東京にそだつホタル/Weblog
Tracked: 2005-10-11 09:18

ホッホッほ〜たる来い♪ムービー☆
Excerpt: 今年もたくさんのホタルに会えたよ! 『ホッホッホ〜タルこい♪あっちのみ〜ずはにぃがいぞ。こっちにく〜るとバロどんワン!♪』とか歌いながら, 七夕の夜の散歩です。 たっくさ〜んのホタルが川と水田周..
Weblog: 新・里山暮らしのコーギー犬「バロン」の日々
Tracked: 2006-07-09 20:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。