n-lineplay > ゴーマニズム > 満足〜まばゆいくらいにエキゾチック・ジャパン〜

満足〜まばゆいくらいにエキゾチック・ジャパン〜

今日は友達とパスタ食って、遊んで楽しかったです^ ^

こんな個人的な記事はウンコちゃん、曲がりなりにも人様に晒すものに少しなりでも公共性がないと意味ねーじゃん!それ、オナニーじゃん!みたいな世論の中で、月に何度か自分に言い聞かせてきたつもりなのだが、今となっては、まだまだアメーYO!お前!みたいな感じに自己反省している。

それを踏まえて、敢えて個人的な日記を書いて後悔公開オナニーなんてのを晒してみようと思ってみるも、先行き不安。

++

■Thanks God〜電車じゃなくてスーパー男〜

私のよく買い物に行くスーパー、火曜日はスタンプ2倍、いや、そんなことはどーでも良いのだが、いつものように買い物カゴに物品を詰め込みレジに並んだ。

ふと顔を上げると、私の前にスラッとしたキラキラ素材のブルーのワンピースに身を包まれた若い、おそらく年のころ20代後半な女性がいる。私は20代後半の年上女性が大好きなのだ。

おお、なんかスゴイキレイな後姿だ・・・いやいや、お顔を見せて下さいなと振り返ることを期待していると、願い通じる。

振り返った女性、なんとも可愛らしい女性で文句無し!Good Job!
私に文句無し、Good Jobなんて言われる筋合いもないのだけれど。

素晴らしい夕暮れの出会い、神様アリガトウ!なんて思いながら物品を袋に詰めて店の外へ。

すると、先ほどの女性が赤のRX-8(オートマじゃないはず)に乗り込み鮮やかに運転して駐車場を後に。剛剣を振れるが魔法使えます、趣味はムシキングです!みたいなユーティリティープレーヤー。
ステキだけじゃなく、カッコイーまでのアビリティを身に付けているとは恐るべし。

私は心奪われてしまった。


ただ、よっぱらいにカラマレているわけでもなく、颯爽と帰宅していったこの女性、なんのイベントもないままに出会い終了、ドラマなら第1話の最初のCMくらいまでしか製作できない。

++

そんなわけで自己満足オープン・ザ・オナニーに明け暮れてみました。

小さなお友達は真似しちゃダメよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5720751
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。