n-lineplay > 考察 > 販売〜弱小MLMとの戦い〜

販売〜弱小MLMとの戦い〜

出会いは定められたレールの上に存在しているのか。

従兄弟(♀、27歳)が最近、ネットワークビジネスに入信したらしく大いにはまっているとのことなのですが、全く売れないのでダウンがつかず、最終手段というか常套手段なのだろうが、親戚めぐりをしだし、ついに我が家にも訪れることになったのです。

ターゲットは、お人好しでのんびりキャラの私の母親に絞られて。

そんなわけで何やら相談があるだのアポを取って、母親が1人しか家に居ない時に我が家を訪れ、そしてこれも常套手段であろう、アップ(上主・おばさん)、さらに1人のサポーター的な(若い女性)を率いて3人でやってきたのです。

私は取り組もうとは現時点では思わないですが、ネットワークビジネスなど法に触れない限り全然OKだと思いますし、ただの口コミによる販売網の構築だったら問題ないし、システムとしては完成されてて、1つのビジネスモデルとして確立されて存在ししていると感じております。

話は反れてしまいましたが、そんなわけで我が家に3人組みの美顔機+化粧品セールスが訪れてきたのですが、ちょうど商談の最中に、不意に私が帰宅してしまったのです。

従兄弟たちには想定外の範囲らしく、交渉している周辺から私を遠ざけようと頑張るのだけど、先ほど紹介したサポーター役の女性がなかなかカワイらしいので、ちょっと興味を持って見ていると、見覚えがある顔。

そのサポーター役の女性、よくよく思い出せば”高校時代の彼女だった人”なことが判明。

さらにはアップ(上主)はサポーター役の女性の母親であることが話の筋より明らかに。つまり”高校時代の彼女だった人”の””母親”ということになる。

高校時代、彼女の母親とは電話で喋ったことしか無かったので、まさかこんな形で遭遇するとは、運命のイタズラ、ありえない。

そんな私と何らかの関係があった3人が、50万くらいの美顔機と肌のお手入れ用品を販売し、それによって会員となり、それから、他の人に紹介すればマージンが与えられるシステム・・・というのを必死で説明しているので、徐々に私のモチベーションが上り詰めるのです。バトル開始。

そう言えば、最近の商取引方の改正で、無限連鎖販売を意図した販売方法は問題あるんじゃないかという気がしてきたので、インターネッツでサーフィン、情報収集。

半年くらい前だろうか、私の友人達が中学時代の同級生からネットワークビジネスの勧誘を受け、商品である水を屋外でばら撒いて帰宅したとの武勇伝をここで思い出してしまったので、自分もやってみたくなり、商品サンプルのウコンの入った化粧水を手にとり”アホですかお前達、身内にすら売れそうにないのに、他人をダウンにできるわけないでしょうが、勉強して出直しなさい。もっと販売戦略練ってから法に触れない営業方法を身につけてから来いよ”と荒々しく男勝りな勢いで床に投げつけたのですが、ビンがあまりにも頑丈で化粧水が飛び散ることなく地味に床板が凹んでしまっただけという、抜いた剣を、どうやって鞘に収めたらよいものか、困惑してまうわけです。

あぁ、カッコワルイ。しかも無料サンプルじゃなかったし。

そんな空回りの荒々しさに終ったやり取りの末に彼らは撤収していったのですが、偶然の遭遇はするわ、床凹むは、値段がまだついていなかったシマ腸(牛のホルモン)をなんのためらいもなく店の置くの冷蔵庫から出してもらい、いざお会計になるとチビってしまうくらいの値段、というか、桁がおかしくないの!等々のドッキリにも遭遇し、なかなかアドベンチャーな真夏日の熱い最中。

淡い高校時代の思い出、見事に塗り替えられました。
この記事へのコメント
いやはやなかなかアグレッシブな一日じゃないですか!!
まぁ、ちょっとやりすぎですよ・・・(床のへんとか)
Posted by 後輩その1 at 2005年07月29日 22:19
床凹むわ、それを見てオカンも凹むわでエライことです。

私的に一番痛かったのが、シマ腸の想定外の値段ップリ。値段を聞いた瞬間、一瞬時間が止まった気配が・・、ザ・ワールドのスタンド能力(ジョジョ参照)が身についたのかと勘違いしてしまいました。
Posted by 38 at 2005年07月30日 00:45
同級生からの突然の電話だとか「知り合いの、知り合い」などという全くの他人からの勧誘なんてもんは、『知るかぁ!ボケェ!』で済むけど、従兄弟&元カノ&カノ母のトリプルアタックとは恐れ入りました。しかし、それを阻止した38君の漢っぷりは素敵です・・・・・・床が凹んだのと勉強代を払ったトコ意外はですけど( ̄▽ ̄;)
Posted by Key at 2005年07月30日 01:15
従兄弟&元カノ&元カノ母そして勧誘、完璧なこの上ない”出オチ”です。まるでドッキリ。スターなのか私は!なんて勘違いしてしまいます。

法に長けた友人の協力と、私の陰険な魂が満載の調査、世の中に溢れる判例や書籍やネットでの情報。全てを駆使して必ず仕返しをします。

悪知恵+陰険+ここ一番にじょう舌な私を敵に回した彼女達に、司法執行の恐怖に喘いで頂きます。まぁ実際に執行されることはありえませんけどね、この程度の状況じゃあ。

・・・元カノ親子まで登場って・・・事実は小説より奇なりって本当ですね。

この映画製作の権利、ハリウッドが買ってくれないかなぁ〜
Posted by 38 at 2005年07月30日 03:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。