n-lineplay > メディア > 予告〜漢字は的確に使用すべし〜

予告〜漢字は的確に使用すべし〜

以前、友人の勤める会社に爆破予告状なるものが届けられたそうだ。

内密に事を進めたかったとのことだが、新聞社に情報が漏れちょっとした騒ぎになったらしい。

予告当日は社内の全員が非難し、警察が建物内をくまなく探ったのだが結局発見には至らず、イタズラであったと結論付けられた。

犯人の目星はある程度ついたらしいのだが、証拠不十分で逮捕できるまでには捜査が進行していない。

それだけの完全犯罪的な犯行なのだが、予告状の内容を一部教えてもらって驚愕してしまった。不謹慎だが、面白いのだ。だからこそ、友人が教えてくれたのだが。

一部抜粋で教えてもらったために、断片的でしかないのだが軽く引用
してみると


++++

・・・・・”正問”前にこの予告状を置いておく・・・・

・・・爆弾は”以外”な所に設置しているので、がんばって探してくれ。

・・・では諸君、”検討”を祈る。

++++


私も他人のことをどうこう言えるレベルではないのだが、犯人は漢字に弱いらしい。

正問の前に予告状を置かれても困るのである。むしろ、正問ってドコよ?正しい答えのところに置いてあるならば、爆弾はまさにその場所にあるということか。ちょっとイイ奴ではないか。


爆弾は”以外”なところに設置してある。

つまり、友人の会社には設置していないのか?一体どこにあるのだ、爆弾は。せめて予告状は爆弾を設置した会社に投函してほしいものだ。


そして”検討”を祈られても困るのだ。お気遣い頂けるなら、そのような事で巻き起こされる社会的な迷惑に前もってお気遣い頂きたいもの。

そんなに自分について皆様に話し合って頂きたいのか。そんなに自分と言う存在を世間様に認知して頂きたいのか。

寂しがりやな犯人像を想像せざるおえない。


しかも、この予告状、全て筆ペンによる手書きなのである。このキーボードによる文章作成がメインとなる時代に、敢えて筆ペンを用い予告状を作製する。何か意図するものがあるのか・・・

いろいろな意味で愉快犯である。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3777800
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。