n-lineplay > アウトドア > 萩でイカ!(2005年5月19日編)

萩でイカ!(2005年5月19日編)

アオリイカが絶好調とのことで萩に行ってみる事に。

3時に出発し2時間後に地元の釣具店にたどり着き、買い物ついでに
いろいろと情報を聞いてみると

@朝の早い時間が良い感じ
Aピンク、オレンジ系の3.5号のエギがメイン
Bいろんなところで釣れまくってる

だということで、その中でもオススメされた場所の”萩マリーナ”と”嫁泣港”に
行くことにした。

まず”萩マリーナ”と車で通り過ぎ”嫁泣港”で開始してみることに。

マリーナではすでに5人程の方がエギをなげていたようで、後々に聞いた話では
朝の早い時間に数杯上がっていたようだ。

私たちが釣を開始した”嫁泣港”でも6人ほどエギを投げていたのだが
2時間経過しても誰1人ゲットすることができず。

追ってくるのだが一切抱かない、シブイ、シブ過ぎるのだ。

7時を回り次の手を考え、さらに北上し”キヨ”の波止を目標とした。

ここでは炭痕が僅かにあり、期待が皆無ではなかったので、エギを投げる
のだが、凄まじい根がかりの嵐でシャクルどころではない。

あまりの効率の悪さに即座に移動を決意し、先ほど見てきた”萩マリーナ”へ。

マリーナでは朝一のジアイ以来、アオリの存在が消えてしまっており、さらには
完全な向かい風でエギを投げるのが困難なために、多くの人が違う釣に
没頭していた。

それは、湾内でのオニイカ(だったか・・・?)狙いである。

エギではピンク系で2号〜3.5号を用いていたのだが、最終的に2号が一番良い感じ
ということに落ち着き、慣れてくると黙々と釣続けることができるようあったが、
私には無理だった。なんといっても、今日がエギを投げたのがほぼ初めてという
素人で、さらに2.5号のエギが最小であったので、非効率であった。

釣り方としては、ゆっくりエギを持ち上げ、ゆっくりフォールさせていくと
イカが抱きついてくるといった感じだが、合わせないとほとんど乗らない。

そんなことで時間をつぶしていたのだが、一向に止む事の無い風と、釣れない
事から来る急激な疲れと眠気に襲われ帰宅に向かうことに。

結局、私のイカデビュー、本日は無しということになってしまった。

帰宅時、さびしいのでシーマートでアオリイカを購入しようと思っていたのだが
本日は入荷されていなかった。

漁師さんでも捕れないのに、私のような素人に捕まえられるはずはない!と
もっともらしい理屈を並べ、言い訳として帰宅した。
この記事へのコメント
カワハギも美味しいよ!
Posted by 三邦丸 at 2005年05月20日 11:37
美味しいですね、プリプリの淡白な白身、
大好きです。

が、未だに肝醤油が苦手です。
ウマイっていうけど・・・
Posted by 38 at 2005年05月20日 13:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3761715
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。