n-lineplay > 考察 > 支持〜笑いの王道の成せる技〜

支持〜笑いの王道の成せる技〜

PTA調査で今年も”クレヨンしんちゃん”が恒例の不人気のようで、ここ10年くらい毎年のことではないだろうか。

確かに”しんのすけ”の行動、言動は親の理想の子供像とはかけ離れているのかもしれない。

しかし、あれほどの発想力を持ち、大人をつっこませずにはいられない、子供がいたらどうだろう、私は感心せずにはいれません。

ボケるという行為は常識の裏返し、つまり常識を知った上でできる行為なのだから、5歳児にそんなことされた日には、ジェラシーでいろんな穴から汁垂れ流しです。

それを踏まえて”クレヨンしんちゃん”に存在する面白さの要素はマセた幼児の振る舞いや王道の古典的ギャグなのではないかと強く感じるわけです。

以前、ビートたけし氏が志村けん氏に対して、「ドリフや志村氏のコントやギャグは古典的ではあるが、それこそ王道。王道である限り廃れることは無く流行に左右されず支持を受け続ける」と、こんなコメントをしていたと記憶しています。

イッツパーフェクト。

王道とは、いつの時代も支持を受ける。落語や笑点だって、古典的だが王道、それで面白いものである。あの笑いを作り出す言葉のアーカイブと、発想力の素晴らしさ。

一昔前、ドリフのコントも大人気だとはいえ、PTAとしては子供に見せたくないと感じたに違いありません。

しかし、その時代に育った子供達が、今度は自分の子供に同じような事を言っている。それは矛盾している気もするのですが、それこそ面白さの王道という力の成せる技で、世の常なのかもしれません。大人としての価値観からそうなってしまうのでしょう。

いつの時代も、子供に見せたくない番組は、その番組の支持率と表裏一体だと強く思ってしまうのです。
この記事へのコメント
おお〜!
今日の記事には、たいへん共感しますな〜!
王道だから廃れない、か〜。ふむふむ。

齋藤孝さんの「質問力」。今日の記事にしようと、昨日4時間もかけて引用文を抜粋したというのに、38氏とかぶってしまう〜。
Posted by コッパ at 2005年05月18日 00:47
きっと質問力について書くだろうなと
思って、あえて自分では詳細を載せなかった
んだよ。

これで、リンク貼って詳細はコチラって
できる、そしてあの記事は完成するんだよ。
Posted by 38 at 2005年05月18日 12:43
TBありがとうございます。
なぜ、クレヨンしんちゃんが
人気があるのかわかったような気がします。
私たちが子供の頃に人気のあった
全員集合も今見たら下品なギャグもありますが
大人の視点から見るようになっても
おもしろいですものね。
Posted by ナベカマ at 2005年05月18日 13:22
ナベカマさん、コメントありがとうございます。

テレビアニメ版はほとんど見たこと無い、むしろ
皆無といってもいいのですが、単行本と
ゴールデンウィークにwowwowで放送していた
映画を見て、正直、ストーリーの構成、作者の
哲学めいたところ、いろいろと興味深いと
感心していました。

そして、クレヨンしんちゃを好きになって
しまいました^ ^
Posted by 38 at 2005年05月18日 14:23
TBありがとうございます!

記事を拝見させていただきました。
納得ですね!"哲学"を感じました。

私は小さい位頃は「全員集合」。中1くらいからは「ひょうきん族」を見てました。私は両方共に「王道」を行く番組であると思っております。

志村けんさんの「カーラースーなぜ泣くの〜 カラスの勝手でしょ〜」っていうのが流行った当時の親御さんたちが問題視していたことを思い出しました。

「いつの時代も、子供に見せたくない番組は、その番組の支持率と表裏一体なのだから。」・・・う〜ん。名文句!
Posted by m_parking at 2005年05月18日 23:33
皆様、コメントまで頂き嬉しい限りでごさいます。

全員集合、ひょうきん族、すばらしい番組であったと
思うのですが、私はリアルタイムで見ることが
出来なかったので、当時の雰囲気など、そういった
取り巻く環境を知りません。

ビデオなどで見た限りなので浅い知識なのですが
なんというか、楽しい、愉快でした。

人間の本質の笑いのツボって、共通するものが
1つあるのかもしれませんね。
Posted by 38 at 2005年05月20日 05:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3710924

身震いするほど腹が立つ
Excerpt: [テレビ]子どもに見せたくない番組「ロンドンハーツ」など - livedoor ニュース 親が子どもに見せたくないと考えている番組はテレビ朝日系「ロンドンハーツ」、フジテレビ系「水10!」、テレ朝系「..
Weblog: トクサツ(?)な日常
Tracked: 2005-05-18 11:50

一番見せたくない番組は「ロンドンハーツ」 PTA調査
Excerpt: asahi.com:一番見せたくない番組は「ロンドンハーツ」 PTA調査 日本PTA全国協議会(会員約1000万人)は17日、保護者を対象に昨年末に実施したテレビ番組に関するアンケートの結果を公表した..
Weblog: あっかんべぇ
Tracked: 2005-05-18 11:53

子供に見せたくない番組トップ3
Excerpt: 子供に見せたくない番組トップ3   http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1159523/detail?rd   子供に..
Weblog: ひねもす通信
Tracked: 2005-05-18 13:26

親が子供に見せたくない番組
Excerpt: 見せたくない番組  ベスト3は「クレヨンしんちゃん」「ロンドンハーツ」「水10!」なのですね。 なんでいつもクレヨンしんちゃんが入ってくるのかが不思議ですね。確かにお下品ではありますが・・・..
Weblog: 浪費主婦の家計簿的日記
Tracked: 2005-05-18 20:01

2004年度、子どもに見せたくない番組は「ロンドンハーツ」
Excerpt: 日本PTA全国協議会が小5、中2とその保護者を対象にしたアンケート調査(2004年11〜12月で、小5と中2の各3000人と保護者6000人に郵送で実施)を行った結果、「親が子どもに見せたくない」と考..
Weblog: Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜
Tracked: 2005-05-18 21:49

見せたくない番組1位「ロンドンハーツ」
Excerpt:  日本PTA全国協議会が17日、公表したテレビ番組やインターネット利用についての調査で、保護者が子どもに見せたくない番組の1位は2年連続で「ロンドンハーツ」、見せたい番組のトップは「プロジェクトX」だ..
Weblog: Charlie's マイペース雑記
Tracked: 2005-05-18 21:55

子どもに見せたくない番組
Excerpt: クレヨンしんちゃんがいつも通りに 子どもに見せたくない番組にランクイン。
Weblog: プリンに抹茶と生クリーム
Tracked: 2005-05-19 01:34

見せたくない番組だと?こんにゃろー!
Excerpt: いやあ「王道」に納得しました。
Weblog: おもろがお
Tracked: 2005-05-21 01:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。