n-lineplay > アウトドア > 防府近辺でメバル釣(2005年5月14日編)

防府近辺でメバル釣(2005年5月14日編)

夕方、防府へエギロッドを受け取るために向かう。

今年はシーバスデビューも果たしたし、次はイカデビューと意気込み
安価でエギロッドを譲ってもらったのだ。

防府まで出かけたので、近辺で竿を出して遊んでみようと、まずは
防府・中浦へ。

しかし、どお見ても水面が低い・・・潮位表を見ると干潮が19時前。

悔しいので見なかったことにしていつもの様にメバル流弾丸1.7gに
ホワイト赤ラメのネジワームを投げるが魚からのコンタクトが皆無。

まだ明るいし仕方ない!なんて言い訳をしながら次なる手を考えるが
中浦は干潮時には足場が非常に悪いため、暗くなったら厳しいかと思い
場所移動を決意する。

次に向かったのは大海漁港。メッキがそろそろいたりして・・・などと
思い浮かべていたが、到着すると男性2人が海に向かい腰掛け、いい雰囲気で
語り合ってるのでジャマしてはいけないと即撤収。

なんか怪しい雰囲気だったなぁ・・・

そして向かったのは秋穂漁港。数人の餌師と数人のルアーマンが既に
メバルを狙っていたが、あまり調子良くない模様。

特に餌の方には厳しいと、皆が語り合っているのを数m離れた対岸から
盗み聞き。

ま、ネジワームならイケルだろ!と安易に投げつづけるがイマイチ。

たまにアタリはあるけど乗らないという感じなので、ジグヘッドを
メバル弾丸1.0gに交換し、やや表層を超スローで引いてくると
ポツポツと釣れだすがサイズはミニ。

沈めても同じようなサイズが続き、10匹程度釣ったとこで飽きる。


潮位が高ければ中浦でもまだまだメバルはイケルんじゃないかと、
そんな風に思う今日の防府近辺の散策。

手が寒さで痺れそうになりながら通った年明けの頃、それに比べれば
天国のような環境で釣が出来る、この季節って大好き。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。