n-lineplay > ノスタルジー > 突破〜ゲームオーバーに気をつけろ〜

突破〜ゲームオーバーに気をつけろ〜

考え事して…常磐線小木津駅で170mオーバーラン

2日午後1時44分、茨城県日立市日高町のJR常磐線小木津駅で、上野発いわき行き下り普通電車(7両編成、乗客約120人)が、停車位置を約170メートル行き過ぎて止まった。

 ホームから約120メートル先にある踏切に達しており、後退すると踏切が誤作動する恐れがあるため、約5分遅れでそのまま出発。降車客14人は、次の十王駅からJRが用意したタクシーで戻り、乗車する1人は後続の電車を利用した。

JR東日本水戸支社によると、男性運転士(44)は「考え事をしていてブレーキをかけるのが遅れた」と話している。同支社管内では昨年12月27日にも、水戸線大和駅で普通電車が80メートルオーバーランしており、支社は「安全安定輸送の確保は鉄道事業者の責務。再発防止に努めたい」としている。

++++

こういったオーバーランは普段は表ざたにならないだけで、本当は結構頻繁に起きているのかもしれない。

この時期的タイミングで今回のオーバーランがトップニュースとして扱われたのかと思うと、これが時勢なのかと痛感している。

しかし、オーバーラン170m、これはやり過ぎである。

私が思うに、これは完全なる停車無視である。

オーバーランと言うと「ちょっと停車し切れなかった」というニュアンスになってしまうが、実際のところ、完全に忘れていた、もしくは上の空だったのだろうと確信している。

人権無視ならぬ駅権無視である。


私の高校生の時、電車でGOという電車の運転体験機がゲームセンターに登場に一躍トップスターになった時があった。

当然流行に敏感な高校生の一角を成す私は、とりあえずプレイしてみるかと腰掛けると、200円で1プレイである。

200円といえば、鉄拳に2回も乱入でき、見知らぬ人とアツイバトルを繰り広げられる金額なのである。

私は毎日帰宅するのが遅かったので昼食代+軽夕食代として1日1000円支給してもらっていたのだが、節約して使っても1日に余るお金はせいぜい数100円である。

つまり、この新作の電車でGOをプレイするということは、一球入魂の魂での100円玉投入となってしまうのだ。

そんな魂のこもったプレイで170mのオーバーランをしたらどうだろう?エライ事である。

そんな素敵なオーバーランをしようものなら、即刻ゲームオーバーで続けてプレイしたければ、さらに200円だの投入しろと言いやがる。

これは死活問題なのだ。

そんなわけで、170mのオーバーランをJR殿は実機でやっておられるようなので私事ではあるが提言したいと思う。

「20m以上のオーバーランをなめるなよ!それでは失格でゲームオーバーだ!」

大人の世界は妥協の産物なのだと感じました。めでたくない。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3279078

170Mのオーバーラン
Excerpt: ニュースをみたら、JR常磐線の普通電車が、 駅の所定の停車位置から170Mオーバーランしたそうである。 その理由が、JR東日本水戸支社によると、 「考え事をしていてブレーキをかけるタイミング..
Weblog: 資格取得とその後の人生について考えるブログ
Tracked: 2005-05-03 09:53

「茨城県」でブログ検索してみました。
Excerpt: 「 茨城県 」の検索結果で、「n-lineplay .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。
Weblog: 日刊カタログ
Tracked: 2005-05-11 17:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。