n-lineplay > アウトドア > メバル(防府編)

メバル(防府編)

本日、メバルを狙いに出かけてきました38です、こんばんは。

風邪による発熱をバファリンで抑え、風邪による諸症状を
パブロンエース顆粒で抑えこみ友人と初釣行に挑みました。
いやぁ、薬って偉大ですね、とりあえず3時間くらいは
余裕でなんとかなるもんです。かなり眠かったけど・・・

バファリンの成分の半分は「やさしさ」などと謳ってますが
今日に関してはアセチルサリチル酸とパブロンの
塩酸ブロムヘキシンやイブプロフェンが活躍してくれたのだと
思います、ありがとうライオン、ありがとう大正製薬!!

前フリはここまでで、今日は風もほとんど無くいい雰囲気
しかも満潮が23時ちょい前と何やらいい感じで
今日を外していつ海にでろと?といった日よりでございます。

まず向かったのが防府の
中浦で、西の波止の先端の外灯周辺を
主に釣り場としました。到着は22時過ぎで潮高もまぁまぁ。
メバル弾丸1.5gにネジワームラメ入りホワイトグロウを投げると
1投目から18cmのメバルがヒットし、まぁまぁの出だし。
足元のゴロタ石が沈んでいる状態ですが、深さ的に1m無かったので
根がかりに少し悩まされたのでメバキャロを使ってシャローを
広範囲に探っていると、やたら30cm未満のセイゴが釣れまくる。
これはこれで楽しいのですが、本命のメバル(18cm以上)が散発
だったので2時間ほどで場所移動。

で、東側の湾内で遊んでたのですが15cmくらのメバルばっかりなので
この場所を諦めて次へ移動。

次に来たのは向島漁港で、港内の西側で遊んでみると
やたら子メバルがたくさん釣れたのですが、18cm以上のメバルは
1匹という結果になり寒くなったので1時に撤収。

結局、今回はキープせずに偵察という目的のみでしたが
中浦はなかなか楽しめたので良いポイントだと思います。


この日記を書いている現在、ものすごい寒気と喉の痛みに
襲われております。ちょっと無謀だったかとわずかに反省・・・

いやいや、やっぱり理系の人間として化学物質の力を
信じねばならないので、これでOK、ノープロブレム!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。